2006年07月28日

 【タイ(バンコク)Aお見舞い編・〜第2部〜】



こんにちは☆

さつきです。



 【タイ(バンコク)Aお見舞い編・〜第2部〜】

 ※新しく始まりました、【ザッツ☆タイ紀行】は、
 今後、タイでの出来事、タイにまつわる記事
 などから、お送りしたいと思います。

 (不定期で行っています)

 主人が仕事で赴いています、
 タイはバンコクで
 胆嚢の手術を行いました。
 手術には立ち会えませんでしたが、
 取り出した”石”は確認できました。

 ”エメラルドグリーン”を想像していた
 私は、実際の石が全部”茶色ぎみ”
 だったことに(残念)と思うものでした。

 取り出した”石の数”は147個、
 「戒め」として、いま、
 主人に持たせています(^。^)”

 
 前回の、
 【タイ(バンコク)Aお見舞い編】
 では、主人の同僚が、二人、
 病院まで、お見舞いに
 きてくれた話をしました。
 
 そこにたどり着くまでに、
 ワゴンの中でも、
 2度、3度、聞いた
 話を今回、お披露目したいと
 思います。

 題して。

 『純情きらり』逸話。
 
 『純情ぴろり』物語。

 。。。。。。☆
 
 病気の話題ばかりで、なんですが、、。

 しかも、主人の病気にかこつけて、
 こんなネタ話をしていていいのだろうか??

 とも、思うのですが、
 あまりに、おかしいネタなので、
 主人に一応、
 聞いてから、ネタ披露しています。

 実は、主人は今回の胆嚢の
 手術の前にも、胃潰瘍を併発して
 おりました。

 人間の体にはあるらしい、
 ”ぴろり菌”というやつが
 胃に感染したらしい。

 (すでに、お察しのかたは、
 笑ってらっしゃる??)

 かな〜と、
 思いながら、

 話を進めていきますと、、。

 会社をしばらく「ぴろり菌感染」
 のゆえに、休んでいた主人を
 まっていたのは。。。

 その後、主人についた
 「あだ名」でした。

 会社の休憩時間に、
 主人が通ると、
 ひそひそ声が、、。

 「今日、『純情ぴろり』がさぁ〜。」

 ひそ、ひそ、、。

 そうです。

 主人のあだ名は


 『純情ぴろり』 ! です。


 これでも、一応、、、

 課長やってます。。


 (いや、これは決して
 イジメではありませんので。
 その点、黙認を。。。(−−;

 また、そう言われて、
 ピクリッとも笑わない主人を
 想像すると、またおかしい。。。

 これを、同僚のWさんが、
 また、面白おかしく話してくれるので、
 よけいにおかしくて、
 ゲラゲラと笑ってしまいました。

 そんなわけで、
 【お見舞い編・第2部】は、
 
 『純情ぴろり』の話題でした。

 ああ、
 
 いと、うつくしき家族愛の、

 『純情きらり』のイメージが。。。。

 崩れていく。。。。。

 (−−;




「ぴろり菌」(インターネット調べ)
  ↓

 ヘリコバクタ・パイロリ(いわゆるピロリ菌)が
胃に感染していると、胃潰瘍・胃癌の危険因子になる
(というか感染してなきゃ胃癌にはならないと言い切ってた)
ってのと、世界全人口の 50%は感染してるってのと、
クスリですぐ除菌できるっていう話でした。
この記事へのコメント
さつきさん。
”たしろぅ”ブログ見ていただいてありがとうございます。
ピロリって・・・
日本語読みなんですねぇ。
パイロリだと
スケベっぽいんで研究者は悩んだことでしょう。”名は体をあらわすわけでもない”菌です。
カキコに行き詰ったら、また”たしろぅアホブログ”でリフレッシュしてください。
追伸)このコメントが品位を低下させるようでしたら、削除してください。
Posted by たしろぅ at 2006年07月28日 20:44
こんにちは☆

たしろぅさんへ。
あ、そうですね、ちゃんとカタカナで書くべきでした!
確かにピロリ菌を検索したとき、「ピロリ菌」とありました。
でもニュアンス的になんとなく「ぴろり菌」だったので、そう書いてしまいました(^^;
リラックスさせてくださり、ありがとうございます(^^;
Posted by たしろぅさんへ:さつき at 2006年07月29日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21535961
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。