2006年07月31日

【タイ(バンコク)B病院・宿泊編】

こんにちは☆

さつきです。




 ※タイへは、主人の胆嚢の
 手術で、取り出した”石”の
 確認(エメラルドグリーンを予想
 していたのに、見事に茶色気味で
 ”残念”と思ったものでした)
 に行きました。
 勿論、それだけではなく、
 妻として、看病も「しっかり?」
 してきました。
 胆嚢に溜まっていた”石”は
 全部で「147個」ありました。
 今、戒めとして主人に持たせています(^。^)”


 ※多く、「面倒をみてもらう」ことは
 あっても、人の面倒をみても、
 とんちんかんな私は、
 病人の主人が、コーヒーカップを
 準備するなど、いきなり最初から
 お株を取られて、うろうろするのでした。。。

 
 (もちろん、その間なにもしないで
 ボ〜っとしていたわけではなく、
 荷物を降ろしたり、お見舞いにきた同僚の
 人に愛想笑いしたり!
 忙しかったのですっ(@@;)

 「わかる・わかる」と誰か言って〜ほしい☆

 
 (オトコの人は、なんでもスムースに
 自分が動いているように見せて、
 水面下で働きかけしている女性の
 動きに全く気づかないばかりか
 指摘までしそうなときがあるので 
 「なによそれっ!」とか思うときがある。。)

 ◎まあ、男性にも同じ言い分があるのでしょうね☆

 「バカな子ほどかわいい」

 と、昔から言われているので、
 きっと私はえらい、かわいがられて
 きたのだろうなぁ〜。

 (ほんまかいな???)
      ↑
 ちなみに、大阪の人間ではありません。

 と、また話になかなか入って
 いかれないので、無理やり進め
 ます。。。。。


 主人の泊まっている?
 (病室はホテルのようでした)
 シャワー室完備。。

 病室に一泊。。
 させてもらうことになりました。。

 その夜、主人のお腹の中にあった
 ”石”の数を数えたのでした。

 「ひと〜つ」
 「ふた〜つ」
 「み〜〜っつつつ」

 番町皿屋敷じゃないんだから。。。。

 (怪談には良い時季だが・・・)

 シャワーをいただいて、
 ソファーにタオルケットを
 敷き、寝台変わりにした
 私は、
 ”石”を数えたあと、
 「スタンド電気」だけにして、
 
 『ダーリンの頭ン中』
 小栗佐多里&トニー・ラズロ 著
 
 を読み始めたのでした。。。。

 
 。。。。。。。

 「ガハッ・・・・」

 。。。。

 「ガハハッ・・・・・」

 。。。。。

 「ゲヘッ・・・・・」

 。。。。。


 「もしかして笑ってるのでしょうか?」
       ↑
 こんな言い方はしませんが、
 主人が、わたしに尋ねる。。。

 「いやぁ、おもしろい本見て
 笑ってるんですぅ。。。」

       ↑
 こんな言い方もしたかどうか、
 定かでないのですが。。。。


 「いいかげん、寝れば?」


 「ふぁい。。。」

 
 「クカァ〜zzzzzz」

 それは早すぎ!!


 では、この続きは次号に・・・・。


 まだ、つづきがあるのかい!?


 ぐふっ!(^。^)”



 
 
この記事へのコメント
こんにちは。
ご主人、無事手術終わって良かったですよね。しかし147個の石ってすごいですね!さぞ重かった(痛かった)んじゃないかと思うのですが。。
「ダーリンの頭ン中」面白いですよね!わたしもあのシリーズは全部読みました。あの旦那さん、つい先日TV番組に出てましたよ。日本語と外国語のおもしろい共通点を講義していました。
さて、実は私今日一つ年をとってしまいました。もうこの年になってくると年をとるのも複雑な気分ですけど、とりあえず今年も元気でこの日を迎えられたことに感謝したいと思います。
Posted by ろ妃江 at 2006年08月01日 11:44
こんにちは☆

ろ妃江さんへ。
はい、かなり長い間、大事に「あたためて?」きたものと思います(−−;
手術前に、かなり痛んで、我慢強い主人もさすがに、耐え切れなくて、病院に行ったそうです。
なかなか麻酔の効かない人なのに、手術前の胃カメラをのむ段階で、口に、シュッと、スプレーでひと吹きしただけで、
コトリッと、眠ってしまったようです。
(前日、痛みで眠っていないようでした。。)
「ダーリンの頭ン中」は、笑えました!
夫婦で、ああいう語りあいするの、大好きですねぇ(^^;
「ダーリン」のあごひげが、妙に親しみがあって、私の中では、かなり受けてました(^^;
おお!お誕生日ですか〜☆
おめでとうございます〜(^^;
素敵な誕生日にしてくださいね☆
(素敵なだれかと。。。)
Posted by ろ妃江さんへ:さつき at 2006年08月01日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21711253
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。