2006年09月19日

■『ザッツ・タイ紀行』■【「カラフルな電車」♪】

こんにちは☆

さつきです。



 ※タイへ行ったとき、一旦主人に
 連れられて電車に乗り、その次の日に
 ひとりで同じように目的のデパートへ
 行ってみました。

 電車は、4駅だか乗りつぐ、
 料金は20バーツ(60円)、
 駅内に、チケットの販売記
 が備え付けられてある。

 小銭が無い場合は、両替所があり、
 そこには、たいていお兄さんか、
 お姉さんがいるので、
 お札のお金を黙ってだしても
 変えてくれる。

 ひと言、言ったほうが感じはいい。
 「エクスチェンジ」(プリーズ)を
 つければ更に丁寧。

 電車は、綺麗な原色のデザイン。

 全体に、人の顔や、色々な模様が
 描かれている。

 黄色に、赤に、青、緑といった
 綺麗な色使い「さっぱりと目の覚める
 色」。

 「明るい感じ」なのは、
 街全体も、そんな感じ。

 タイのあの色彩感覚は、
 イメージの中に残る。

 明るい色を取り入れることで
 湿ったアスファルトや、
 熱く誇った空気を、
 「爽やかなものにしてくれる」。

 街の中を歩く人の
 ファッションも、どことなく
 明るい感じのものが多い。

 前回行ったときは、
 選挙で賑わっていた。

 しかも、
 みんな律儀に
 選挙独特の雰囲気をかもしだす
 かのように、黄色のおそろいの
 Tシャツを着て街を歩いている。
 (熱心なんだな、と思った。)

 おまけに、
 店先でも、その
 黄色のTシャツを売っていて、
 「買ってく?」
 と言われたけど、
 「遠慮しとく」。

 と、言うことで。。。

 これを買って帰って着ていたら、
 24時間TV「愛は地球を救う」
 と間違えられては困る。。(−−;

 と、言うことは言いませんでしたが、、。

 そんな、こんなで、
 また、話ま〜す☆

 ☆☆☆


 


 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24006320
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。