2012年12月06日

ADHD(発達障害)は発明にむいている?

こんにちは☆

統合失調症の、一主婦です。
この病気は全国どこでも、100人〜130人に
一人の割合で、発症している心の病です。

未来の子供たちの子育ての
援助をする、保育士を目指しています。
9月から保育関係の仕事に就きました。
来年は、保育士の資格を取ることを
目指して、前進していきます☆

さつき”(^0^)”

【ADHD(発達障害)は発明にむいている?】

球根.jpg

クロッカスイエローと、ライラックワンダーの球根。

12月までの蒔き時だけど、間に合うかなあ?

主人が、またタイに出張だから余裕あるかな??

50人の話.jpg

『こどもに伝えたい50人の話』

エジソン、アインシュタイン、ヘレン・ケラーなどが
好きなわたし。

いまの子どもは、偉人の人の本を読まないそうです。

読書離れからしてありますよね〜

わたしは以前プロジェクトにたずさわっていた当時は
「読書推進」からはじめました。
まわり、友達たちに好きな本を紹介しながら、読書を進めて
いきました。
そのクセで、いまでも気になった本があると
周りに進めています。

相対性理論を発表したのは誰だったろう?
あるとき思い出そうとして思い出せなくて、、
「あの面白い顔の・・・」と口に出してみたら、
「アインシュタインだ!」と出た。
こういう経験は以前にもあった。
そうだ!答えを出すのに別のことを言ってはいけないと
いうことはない。
思いついたことを口に出してみるんだ。
すると答えが導きだされることがある。発見!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(本文略)

アインシュタインの発表した「相対性理論」は
星からくる光は、太陽の重力によって曲がる。
そのしょうこに地球から観察すると星の位置が
ずれているように見える。
そういうところからの発見でした。

そして日食観測がおこなわれました。

その結果「相対性理論」は正しいと証明されます。

アインシュタインは43歳のときにノーベル化学賞を受賞。

しかしアインシュタインはアメリカを助けようとしてしたことが
マンハッタン計画という原子爆弾製造計画をおこすきっかけとなり、
第2次世界大戦がはじまりました。
けっきょくドイツは負けましたが、アメリカは広島と長崎に
原爆を落としました。

「わたしの相対性理論が核兵器をつくるヒントになっていたとは・・・」
アインシュタインは嘆き悲しみます。

その後10年間、76歳で亡くなるまで、世界平和の
ために努力しつづけました。


アインシュタインという人はとても個性的でユニークな人で
知られています。

こういう逸話があります。

ある人がこう聞くと。。
「先生は床屋にも行かず、いつも古いセーターを着て
サンダルですね」

アインシュタイン、即座にこう回答。
「肉を買って、包み紙の方がりっぱだったらイヤだろう?」


なるほど!そのとおり!おもいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝は、きのう録画しておいた『SNS歌謡祭』のVTRを
見ています。
ゆずの〜『with you』や、安全地帯の、『じれったい』
米米クラブの『KOME WAR』が好きです♪


あきっぽい私は、刺激を好みます。

昔はこれが「嗜癖(しへき)」依存となって苦しいおもいを
していました。

ADHD(発達障害)は、あきっぽいと言われます。

仮に私が発達障害だとして、
(自分のいままでの経過をみてきて、
おもいあたる節はありますが)
発達障害(ADHDやアスペルガー症候群など)の
症状は「脳の機能障害」が原因と
言われていますが、
それでも、ある程度は改善できるものと
おもっています。

わたしは大人になる44歳のこの歳まで片づけが
できませんでした。

でも『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵 著を
読んで、本と洋服は片づけられるようになったし。。

依存からも、ある程度、脱出できてきています。

アインシュタインもアスペルガー症候群?
ではなかったか?と言われています。

エジソンも子どものころから、ADHDに見られる
新規追及が多大にあったのでは?と。。
だから学校の先生が、どんなことにも質問をする
エジソンに手に追えなくなって学校を追放?
したのでは?と。。
(実際には、お母さんがみかねて学校をやめさせ、
家でエジソンの勉強を見ます)

新規追及とは、(飽きっぽさ)です。
退屈に耐えることができず、一秒でも退屈だと
感じたら、何か新しいものを求め、頭の中の
チャンネルを切り替える、これが特徴です。

彼らは、古くから決められたやり方を嫌い、
非常に独創性が強い傾向が。。

無計画で注意散漫でありながら、キラッと光る
才能のひらめきを見せることがあります。

普通の人ならとうてい思いつきそうもないことを
考え、それを実行に移すのです。

こういうことからも、ADHDは、うまく育てれば
発明、発見などに向いていると言えるのではないでしょうか?

みなさんは、ADHDをどうおもいますか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/305452729
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。