2014年07月29日

発達障害の人のユニークさ

日に日に変化を感じる・・。

覚えていくことと、忘れていくこと・・。

両方ある・・。

確かに、覚えることがあれば
忘れることがあるのも、
あたりまえと言えば、あたりまえだが・・。

人間は、すべてを覚えておくことは
不可能だし・・・。

しかし、私は過去、すべてを覚えておかなければ
また、自分は覚えておられると思い込んでいた。

たぶん、母に、覚えてないと、いつも
叱責されたし、だいたい一回言ってできないと
もう教えてくれなかった。

だから物事は一回で覚えないとダメなのだと
思い込んだ。

だから、学校の勉強も、少しやって覚えられないと
(よくバカとも言われていたし)、私の
頭が悪いから覚えられない、勉強できないんだと
思い込んだ。

かなりな長い期間そう思い込んだままだった。

30代も後半?40代くらいからだろか?

そうか〜学習というのは繰り返し何度も
することで覚えるのだな〜と、
やっとわかった。

それでも、新規追及型で
飽きっぽいので、本もランダムに
何でも読んでしまうし、
なかなか目的、これ一つ!
と決まらない部分が、まだまだある・・。

本は多量に読むことで、
(ああ、重要なことは、みんな言ってるな〜
繰り返し言うんだ〜)ということも
気づいていった。

あと、ブログや、インターネットなどでも
有名な名言や、基礎的に身に着けておく
大事なことは、たいてい、皆さん
繰り返し言っている。

何度も同じ言葉を目にするようになった。

だから、私は、同じことを
そればかり何度も復唱して
覚え込むということは癖つかなかったけれど
違う本や違うものから、共通点を
見出すのは得意だ。

関連性、リンクさせることは得意で、
時々、それがやっかいになることもある・・。

あまりにリンクさせすぎて・・。

で、つまらないことにも感動する癖があるので、
ある時は、自分の犬の、ちょっとした変化も
フェイスブックに載せていたら、
「いつも同じようですね」とコメントが来たことが
あった。

え〜?自分では、いつも違う、
変化と捉えているのに、
人はそう思わないんだ〜、
と気づいた瞬間でした。

今も、それと似たようなことしてますが・・。

発達障害の人は、大人になっても
かわいげ?のあるところがあり、
旦那さんが発達障害の奥さんからの
コメントだったが、
旦那さんが、友達に、
平凡なノートとペン?
か何か、まるで子供にプレゼントする
かのような物を、をプレゼントしようとしたら、
奥さんが「どうするの?そんなものあげて」
と指摘してやめたというエピソードがあります。

私もそんなところあります。

私もなんとも思いません。

だいたい、プレゼントなんて
値段じゃないでしょ、その人の心が
こもっていたら、どんな物でも
(たとえ石でも、河原で、選びに選んで
自分が素敵だと思い、しかもそれに
思い出こもってたりして)なら
いいじゃん!
思う人です。

なんも躊躇しません。

その辺が、相手の気持ちが分からない
と言われる所以かもしれません。

でも本人は、いたって「まじ!」なんです。

本気で良い!と思ってるんです。

これ、めっちゃええアイディアやん!て。

絶対相手も喜ぶ、とまで思っているのです。

はい。

そんなこんなで、今日も、長くなりました〜。

またね〜。

バイなり〜。手(パー)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。