2014年08月25日

間断なく続ける

父が癌で亡くなり、9日間が立ちました。

私は、家で待機して、お焼香に来てくださる
方や、電話でセールスなどの対応などで、
ほとんどの葬儀後の後処理は弟と叔母に任せて
しまっている手前、割と控えた対応をせざるを
えなくなっています。

そのフラストレーションからか、
首がかなり凝りだし、気持ちも鬱積してきて
しまいました。
しばらくは茨城から持ってきていた、
モチベーションアップの
CDも聴く気持ちにはなれず、毎日母と、
ぼ〜としていました。

3日に一度、散歩の際に、近所のコンビニへ
行く以外はどこへも出かけていません。

料理はたまにしていて、材料も母がお嫁さんと
買い出しに行く際にメモを渡し、買ってきて
もらっています。
私は何か対応があるときのために自宅待機です。

性に合わないことをしていて、だんだん気持ちが
閉鎖的になってきて、こうして夜中に
アウトプットでもしないと、気持ちが開いていかず
何か突破口を見つけたくて、またこうして
記事を書いています。

インターネットも夜中にしています。

以外に夜中に調べると朗報が発見されたりも
するのですが。

昨日も2・3朗報を見つけました。

予算の必要なことなので、検討が必要ですが。

できるだけ経費を削減しながらも、
小さくても種を蒔かないことには
芽は出ないので、蒔いていくことをしていますが。

やはり私が、いろいろな方と接する中でも
感じるのは、自分が身銭を切らないと
身につかないということ。

自分自身に痛みがともなわないで楽して
得られることはないと感じるものです。

夜中に急に思考が働きだしたかと思えば
昼間でも、ほとんど思考が起動しない場合もあり、
これが躁鬱気質なのか?と思ったり・・。

まあ、毎日調子が良いということもなく
こんな日もあるよな〜くらいに思っていますが。
特に私の場合は波が多いし。

それはわかってきているのですが。

薬の影響もあるのだろうと、極力減らす方向で
動いていますが、あるときは減らしたかと
思えば、次の日には多く飲まなければならなくなったり
と、いろいろです。

私は頭の神経が異常に敏感なようで、
食べたもの、飲んだものがすぐ頭と直結している
かのごとく感じるくらいに、すぐに頭に反応が
現れます。

以前も、精神科の先生に聞くと、
飲んだものがすぐ脳に行くということはない
とは聞いたのですが、まだ、そのへんは理解が
なかなかできず、飲み込めません。

どうも直結しているように感じられてなりません。

意図的に、なんとかしたくなります。

楽になりたくなって、いろいろと手を加えてしまいます。

口に入れるものによって、すぐ脳が反応するので
いろいろ口に入れて、楽を得ようとしてしまいます。

感じないときはまったく感じない。

きっとそのときは薬が効いていて、
脳の反応が停止?状態になっているのでは
ないか?と思っています。

自分の憶測でしかなく、いまだにその原因は
つかめていません。

原因がわからず、いまだにずっと続けている
ことはいくつかあり、結果がいつ出るのか?
不安な点もあるのですが、ある程度
自分の業だよなあ、と割り切る部分もあります。

仕方ないと。

歳を重ねてくると、ある程度、
覚悟というか割り切りというか
そういったものが出てきますよね。

老い先短いと言ったらあれですが、
若いときほど、何がなんでも、
の思いは少なくなってきます。

母親くらいの歳になると、もう本人も
周りもそんな感じで、自分の病気の改善よりも
周りに迷惑がかかるなら、その選択肢を
改善提案とて、やめてしまう、
なんだかそういう選択になり、悲しさを感じます。

友人の例を見ても、もうぎりぎり30代までですね、
何か心の病の治療を試みるのも。

それ以上、上の歳になると、思考もかたまりだして
それ以前に何かに挑戦した経験の無い人は
なかなかこちらが言っても動こうとしません。

鬱だととくに頑固ときているから
全く人の話を聞こうとしない、ということも起きて、
全く話が入っていかないということは起きます。

人によりけりですが。

今日もある友人に話ましたが、やはりボランティアでは
ダメだ。

自分がセラピストとして専門技術を得て
ちゃんと職業としてやらなければ、
自分も相手も、意志が立たないし、
自覚なども全く違ってきます。

相手も身銭を切らなければ真剣にはなりません。

カウンセリングを受けている人の中にも
親などにお金を出してもらっているうちは
ダラダラと、他人事のようにしか聞かず、
なかなか真剣になりません。

この1時間の中でより多くのものを
確実に得ていくぞ!と本当に本気にならなければ
改善はなかなかです。

しかも一週間に一回のカウンセリングでは
一週間たつころには、また新しい状態になっていたりして。

やはり間断なく続けていくことで効果が上がります。

習慣になるまでは、本当に間断なく続けていく
必要があるのです。

人間の心など、それほどに変わりやすいものなのですから。

また話長くなりました。

また〜今夜はこれで。
posted by さつき at 01:51
Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/404286665
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。