2014年10月18日

鍛え抜かれた20年

最近は、図書館で借りたい本を借りてきて
よく読んでいます。

読むとLINEのホームページにすぐ
アップしたりして。

気が付いたのは、私は、読んだ本をすぐ
アウトプットはするのだけど、その一回きりで
あとは読まないのですよね〜。

図書館で借りた本なら、なおのこと二回借りてきて
読むことは、まず無い。

よっぽど気に入った本は二度目借りてきたりすすが・・。

10回読んだ本でも、時間がたって思い出すことは
まれですね〜。

血肉になっているのは、独自の文章力の構成力くらいで
学んだことを、あまり覚えていないことのほうが
多いかな〜と。

そこで、あなたには、何度言っても同じことを
聞かれると言われたりします。

そんなことしてるとは思わないのですよね〜。

このあたりが、まるでADHD的。

ADHDの人も、何度注意しても直らないから
反省が無いと、指摘されるのですよね〜。

本人も、なんでできないのかわからないのですよね〜。

ADHDは、胎児から1歳半の間に脳に機能障害を
起こして、なると言われています。

脳と身体に何らかの支障が出ます。

しかし、多動タイプではなく、注意欠如タイプの人は
大人になるまで気づかれないという場合も多く、
生涯気づかれることなく亡くなる人もいるかと思います。

注意欠如タイプだと、ある程度生活できていたら
個性の問題として片付けられたりするのですよね〜。

本人としては、かなり困難な生活を送っているのですが・・。

片付けにしろ、なんにしろ、私もそうだけれど
右から左に移すだけ、本人は移して片付いたと思っている
けど、人が見たら、それは片付いてないのですよね〜。

ビシビシ言われて、言われ続けて20年、
なんとか形になってきました。

そんなものです。

主人と結婚していなかったら、片付いた状態なんて
夢のまた夢だったかもしれません。

しかし、怒りだけは、まだおさまらないのですよね〜。

深刻にならないうちに、なんとかしなければ!

と思う、今日この頃でした。
posted by さつき at 21:10
Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/407351048
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。