2015年12月04日

「軽薄」でも、「薄情」ではありません

最近は、いつも書いている『さつきの3つオレンジひまわりセラピー』
(新ブログ)のほうから、こちらに戻ってきて書いています。

昔の自分の書いた記事を読んでいると
自分でも参考になることがあり、やっていたけど
途中でやらなくなったこと、とかたくさんあります。

なぜか?途中で、やっていること自体を忘れてしまう
のですよねえ。
あるいは、興味が、違うものに、やたらと
移りやすく、移ったが最後、そちらにダダ走りする(笑)
のだと思います。

自分の性格上。

で、記事はupしぱなし、やりっぱなし、状態。

友人に、私がまた新しいセミナーへ行こうとしたら
「さつきさんは、もう取りこぼすくらいたくさんの
ものを持っていますよ」と言われ、そうなのか〜?
と、それでもわからない私。

で、時間が経過して、この過去ブログを読み返したり、
自分の部屋の片づけをしたり、またブログにアウトプット
したりしているうちに、その友人の
言っていることの意味がわかってきました。

そうなのか〜。

そういうことなんですね〜。

もうすでに自分の中から、何も資料も何も無くても
いくらでも発露できる状態なのです。

それを自信が無いものだから、自分が信じられないもの
だから、いつまでたっても、自分の足で立とうとしないし、
「やれる」と思わない、アルプスの少女ハイジの
クララみたいなところも持っていて。

これは、なんだ?幼少のころに培った心?
なのか?

かと思えば、すぐ調子に載るし
ちょうどいい加減のところの無い私だったのです。

中道ということが自分には一番むつかしく
難題でした。

振り子のそれで、めいっぱい左か右に、
おもいっきり振り切るタイプで(笑)
振り切ったが最後、一回転して、また
戻ってくる〜みたいなあ(笑)

どこまで行くねん!
て、突っ込みたくなるような〜。

「どこまでも〜は〜てしなく〜降りつもる〜
雪とあなたへの思い〜」

の詩のように、果てしなく突っ切る私は(笑)
病気の重症のときは「誰かとめてくれ〜
と心で泣いているのに「喜ばせ症候群」なもの
だから「一人笑顔で」また対応するものだから
だ〜れも気付かず、まさに私の心の中は
「だ〜れも知らない〜知らない世界に〜
と、妖怪人間ベムの主題歌のような
おどろおどろしい内容になっておりました・・・

がび〜ん

どび〜ん

とまあ、これでも、ふざけるつもりは
まったくなく、いたって真剣、なわりには
軽薄な態度、、。

の私も、軽薄であっても「薄情」では
ありません。

とまあ、また長くなるので、
このへんで〜。

ではあ

この記事へのコメント
大切なことに気づかれたんですね。
とても嬉しいです。
Posted by みゆき at 2015年12月30日 04:19
はい。そうなんだ。と思いました。

自分でも、気づけたとき、うれしかったです(^^;
Posted by みゆきんへ:さつき at 2016年01月12日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/430664602
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。