2007年05月29日

【バンコクの新空港!・スワンナプーム国際空港★】

こんにちは☆

さつきです。

わたしは統合失調症という
(心の病気)です。
『心の病気ブログ』ですが、
一チャレンジャーとして活動する
さつきのブログを通して
みなさんに少しでも
元気になってもらえたらと
おもって書いています。

今回は■『ザッツ・タイ紀行』■として
お送りします。

このカテゴリではタイは、
バンコクでの情報を
お伝えしています。
今日は、新しくできた
タイのスワンナプーム国際
空港につて記事にしたいとおもいます。
では、はじまります。



新空港に降り立った。

■新空港は、今回が初めてだった。
噂には聞いていたが、たしかに
広い!大きい!
実際、成田空港が3つ入る
大きさというからかなりな大きさ
です。はい。

スワンナプーム
(黄金の土地の意味)とは、
タイの国王「プミポン国王」
のつけられた名前とのこと。
設計はドイツ建築家の
ヘルム・ヤーン氏が設計。
斬新なデザインです。
(詳しくお知りになりたい方は
下に空港のURLがありますので、
ご覧になってください。)

■タイは実際、物価が安く
(日本の三分の一)
他国から多く人の集まる
場所であることは
街中を歩いていても、よくわかる。
欧米人、中国人、インド人、さまざまな
国から人々が寄り集まって
暮らしている。

こちらは、日本時間と2時間のずれ。
日本が午後3時なら、こちらは
午後1時です。

■タイのお国がら「マイペンライ」
=「問題ない」の、スローライフ?な国。
広い空港でも、問題なく?通過できた。
成田(ANA利用)からの出国審査も
「日本人専用手続き」の場所
が設けられていた。
変わったのだな、とおもった。
スワンナプームの空港でも
飛行機に一緒に乗り合わせた
日本人客でにぎわっていた。
入国審査は、長蛇の列だった。
「ショート!」という声に振り向いて
ついていった。
どうやら、この列からあとの人は
こちらへ・・・との案内らしい。

■ほとんどが日本人だったが、
むこうの人の応対の
早さに安楽だった。
手荷物受取所は6の番号の
箇所だった。
入国審査を通り、
3キロほどは歩いただろうか?
カートに乗せて、空港出口をでる。
例のごとくたくさんの出迎え。
なかなか進めず。。
だけど、「見つけ出す」
と言ってくれていた主人が横から
のっ!と出てきた。。

さ:色が白い?
(なんで?)

主:あんたも痩せとる。。
(なんで?)

言われた。。
どころか、半分以上、怒ってる。。
なんで怒らなあかんのや・・・
(TT; 泣。泣。泣。。

カートを引きづりながら・・・・
ヅリ。ヅリ。ヅリ。。ヅリ。。
で、出口は4回。。
エレベーターであがる。。
あとは、タクシーひろって
アパートまで行きました。

こんな感じの到着の様子でしたぁ。。

そんではぁ!



<出迎えてくれたのは、スコールだった>


<家の中はスコールでないことをねがう。。>


<ちょっとブラックなジョークです。>


ぐふっ!


「ハリネズミって自分を守るために
針で威嚇をするんだぁ。人間の社会にも
ハリネズミしてる人っているよね。。」


さつき



『バンコク・スワンナプーム国際空港』
    ↓
http://www.thaiair.co.jp/special/nbk/
この記事へのコメント
タイに行かれてるんですね。
微笑みを取り戻せるといいですね♪
風邪の後だったりするから 体調も心配だけど
無理しないで。
Posted by とら。主 at 2007年05月30日 10:31
こんにちは☆

★とら。主さんへ。
「お忙しいところ、ご訪問
ありがとうございましたぁ☆」
また、情報提供していきたいと
おもいま〜す!

さつき
Posted by とら。主さんへ:さつき at 2007年05月30日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。