2016年04月14日

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

今日を、最後の記事とします。

長らく、愛読してくださり、ありがとうございました。

数か月前に、すでに、ブログを、やめることを
決めていました。

が、なんとなく、続けてきてしまった。

停滞期にも入っていて、今、新しいことを
する時期にきているのを感じています。

しばらくぶりに、近所のMacへ、何気なくいき、
そういえば、ここで、よく、一人で、読書
潜在意識などの勉強をしたなあ、と思い出され。

そこで、友人から、数か月前に、プレゼントして
もらっていた、本を、そういえば、途中、
読みかけだったことを思い出し、
おもむろに、読んでいました。

小説風なので、小説は今では読まなくなっている
私には、読みにくいはずが、軽く飛ばしはしたものの、
主要なところは、じっくりと読み、深く読んでいく
うちに、ほんとうに、自分に勇気を与えてくれる
本だということが、わかっていきました。

その本の、題名は『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』
という本でした。

青い髪の少年が主人公の本です。

表紙のそれも、青い髪。

しかも、白い表紙に、青の髪の絵だけである。

それだけで、「勇者」を思わせる、描き方だ。

写真をupしようと試みましたが、やはりダメで。

時間だけがむなしく過ぎていくので、あきらめました。

upできなくて、ごめんなさい。

今まで、このブログを楽しみに読んできて
くださった方、ほんとうに、ありがとうございました。

私は、この「勇者」の物語の主人公と、この
本を、私に与えてくれた友人に、押し出されて
「決断」をくだしました。

また、新しいステージに旅立ちます!

この本の中では、7つの魔法の石を、困難な
旅をつづけながら、獲得していく、二人の勇者、
少年が出てきます。

彼らの見せた、真の勇気とは、いったい
どんなものだったのでしょうか?

ただ単に、怒りを向きだしにして、戦うことなら
たやすいことだ。

真の勇気とは、ほんとうの、優しさを、ほんとうの
幸せな世界を獲得するために、自分の命を掛けても
おしくないものを見つけ出すことです。

そうして、どんな醜い自分をも許し、
そうして「信じる強さ」です。

自分を愛し、どんな自分をも肯定できたとき。

すべての、邪悪な自分をも受け入れることが
できたときに、真の強さ、真の優しさ、
すべてが手に入る。

自分の目の前に現れるすべての人が
鏡なのだと知り、自分を知らせてくれようと
目の前に現れている。

それらの人々、相手も自分も全て許せたときに
真の剣は与えられる。

そうしてそれは、すべての人が生まれながらに
持っているものであり、汚されてはならない
大切な、ほんとうは、守り抜かねばならない
ものなのです。

優しい人を、悪に染めようとする、魔の手から守る。

守り抜くと決めたとき、勇者は現れる。

どこどこまでも勇者は試される。

そうして、試され抜かれた先に、
勇者の手にする、剣は、魂となり、
その身を貫く。

そうして一つになる。

なんの壁もない、なんのへだたりもない、
世界。

それが勇者の世界だ。

どんなことも、すべて許せ!

相手も、自分もだ!

すべてが許されたとき、剣は勇者の
手に落ち、世界を、優しさと愛で包み込む。

それを、その世界を、信じぬくことの
できたものだけが真の勇者となる。

おわり。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/436651600
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。