2007年08月11日

【緊急期の薬】[薬を確実に使って症状を押さえ込む]

こんにちは☆

さつきです。


統合失調症と言う(心の病気)治療と
向き合いながら『成功法則』を学び、
目標達成に向けがんばっています!

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

■統合失調症専門カテゴリとしてお送りします。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 ※このカテゴリでは、統合失調症についての
 専門予備知識を少しなりとも
 得ていただきたいと思い書いています。
 患者さん自身家族や、友人、
 患者さんの周囲の方にとっても
 有益な情報になれるものを
 掲載していきたいと思います。
 
 「統合失調症」の説明に入ります。

3・どうやって治療する?
 薬の働き、効果をよく知る

 統合失調症の治療には、
 薬による治療が大きな
 役割を担っています。
 薬は発症直後から再発予防まで、
 使う量や種類を変えつつ、
 ずっとつき合っていくものです。
 この章では、薬の種類、働き、
 のみ方の工夫などを紹介しています。

【緊急期の薬】

[薬を確実に使って症状を押さえ込む]

急性期には、神経を興奮状態から強力に
引き戻し、確実に、そしてすみやかに神経を
落ち着かせるために、薬を使います。
受信回数を守り、困ったときにはすぐに
医師に相談できるようにしましょう。

(確実で迅速な改善を目指す時期)
この時期には、一気に興奮状態を
鎮めることがポイント。
診察はまとまった睡眠がとれるまでは
一時間に1〜2回くらい、睡眠が安定
したら1週間に一回くらいのペースが
基本です。

★薬をチェックする

ほとんどの場合、朝、昼、夜、寝る前
でのみ薬の内容が違う。
のみ間違いのないよう、薬を分けておく

「薬をのんだ?」
と聞かれることを嫌がる場合には、
薬の空容器などでチェックするなど
の工夫も

■薬の役割をきちんと知る

 急性期には、薬を一日に二〜三回に
分けてのむのが一般的です。
ところが、患者さんは服薬をわずらわしく
感じたり、薬について疑いをもったり
することもしばしばです。
 周囲の人は、この時期に確実に
薬を使うことの大切さを納得し、
服薬をサポートしましょう。
 また、どの薬がどんな働きをするかを、
医師や薬剤師に確認しておくことが
望まれます。
誰でも「何かわからないもの」は
のみたくありません。
「この薬はこういう働きがあるから、
あなたを助けてくれる」
と説明すると、患者さんも納得できます。

★家族が第2の主治医になったつもりで

日ごろか患者さんの状態をつぶさに
見ている周囲の人が、治療のカギを
握っていると考えよう。
睡眠時間はどうか、どんな時間帯に
寝ているかなど、くわしく医師に伝えよう

「薬ののみ始め」
薬の種類、量は症状に応じて
細かに調整する必要があります。
最初に処方された薬がどのくらい
効果があったか、医師が正しく
判断できるように、周囲の人も
薬を管理します。

「1週間ほどして」
薬がどのくらい効いているかを確かめ、
量や組み合わせをチェックします。
このとき目安となるのが睡眠の
状態。周囲の人も患者さんの
様子を医師に伝えてください。

●睡眠がとれるようになった
→薬が効いている
●まだ睡眠が安定しない
→もう少し薬を増やして様子を見る


「睡眠が安定して1〜2週間ほど」
睡眠時間が長くなってくると、
まずはよいスタートといえます。
症状が改善してくるのは、それから
少したってからですから、あせらずに。

●過敏さが和らぐ
●あせり感がなくなる
●おだやかに過ごせる
 時間が増えてくる


「しばらく同じ量でのみ続ける」
睡眠時間が安定して、さらに
症状が改善してきたら、薬が
効いている証拠です。
その後1カ月間ほどは、安静に
しながら薬をのみ続けます。

●安静を保つ
●夜、まとまった量の睡眠薬が
 とれるよう生活サイクルを整える


Q どうしても薬をのもうとしません。
  どうすればよい?
A どんなに話しても納得しない場合には、
  緊急手段として注射をすることも

 患者さんが薬をどうしても拒否するときや、
 興奮が激しすぎて薬をのませられない
 場合には、説明のうえで医療機関で
 注射をする方法もあります。
 ただ、注射では一度にたくさんの薬が
 体内に入ります。
 副作用を防ぐために、水分摂取や食事
 などの健康管理を厳重におこなわなければ
 なりません。
 あくまでも一時的な手段と考えます。

 [注射治療のメリット]
 ◆効き目が早い
 ◆効果が強い
   ↓
 ●落ち着いてきたら・・・・
 →のみ薬に変えて治療を続ける

 ●なかなか効果が出ない・・・・
 →入院治療を考える

 
 ※さつき談

 実際には、治療がスムースに順序よく
 いくとは限らないと考えます。
 実際に、自分がそうでした。
 治る段階では、いろいろな状況変化
 環境が変わることなどあります。
 周りの対応によっても病状は
 大きく変化してくるとおもいます。
 そういった意味で、患者さんの
 状態をよく周囲の人がみて、
 また病気の知識を得ておくという
 ことは必要だと知ることが大事でしょう。
 
 注射治療は現にあります。
 入院時に、酷い幻覚症状で苦しんで
 自ら看護師さんにお願いしたことが
 ありました。
 真夜中のことでした。
 まだ自分で自覚できる状態なら
 ましと考えられます。
 自分で自分がコントロールできなく
 なるのが、病気の重い状態ですから
 患者さん本人にはどうする
 こともできないのです。
 その中でも「意識」はあります。
 ただ患者さんの中では、
 手も足も出ない状態なのです。
 (自分がどうなってしまったかわからない 
 のです)
 ベールをかけられた向こう側で
 「何かが」起こっていて、それが
 奇妙に歪んで見えるのです。
 どうしてしまったのか?
 というような相手の顔が目の前にあり、
 それでも、こちらの気持ちは
 伝えたくても伝えられないのです。
 「言葉にならない」のです。



 
 
 

この記事へのコメント
確かにひどい時って薬を飲むのさえやめてしまう時がありますね。
家族や回りの協力は不可欠だと思うけど
それもうっとおしくなる場合もあったりするみたい。
話しはずんと変わるけど
さつきさん、暑いけどバテてないですか?
がんばってると 何だか心配です。

Posted by とら。主 at 2007年08月11日 11:15
こんにちは☆

★とら。主さんへ。
「指圧」も「合気道」も行っています。
だいじょうぶです。
ご心配くださり「ありがとうございます」
(^^;

さつき
Posted by とら。主さんへ:さつき at 2007年08月11日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。