2007年08月12日

【回復期の薬】☆[薬の大切さをもう一度考えるとき]

こんにちは☆

さつきです。


☆自己の病気克服(統合失調症という
心の病)と「成功」に向けて進んでいきます☆

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

■こちらは統合失調症専門カテゴリです■

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 ※このカテゴリでは、統合失調症についての
 専門予備知識を少しなりとも
 得ていただきたいと思い書いています。
 患者さん自身家族や、友人、
 患者さんの周囲の方にとっても
 有益な情報になれるものを
 掲載していきたいと思います。
 

3・どうやって治療する?
 薬の働き、効果をよく知る

 統合失調症の治療には、
 薬による治療が大きな
 役割を担っています。
 薬は発症直後から再発予防まで、
 使う量や種類を変えつつ、
 ずっとつき合っていくものです。
 この章では、薬の種類、働き、
 のみ方の工夫などを紹介しています。

【回復期の薬】

[薬の大切さをもう一度考えるとき]

調子がよくなってくると、患者さんは
薬をのむことをためらったり、つい
忘れたりしがちです。
この時期にこそ、薬の大切さを
もう一度見直し、長くつき合っていく
ための姿勢をつくりましょう。

(生活のなかで薬をのむことを
見直す)
不便な点だけではなく、薬があると
よい点についても考えましょう。
また、少し先の予定や希望も
含めて生活を見直すと、薬との
つき合い方を考えるうえでも
役に立ちます。

★問題点
友達に会うときに薬をのむのが
いやだ

朝、ついのみ忘れてしまう

★希望
薬をのむ回数を減らしたい

朝や昼に薬をのむと、頭がぼんやり
するから、目中の薬はやまたい

夜よく眠れるのは心強いので、
夜の薬はなくしたくない

★予定
作業所に通うことにしたい

車の運転を再開したい

■小さなこともよく考えて

家の外に出て活動するとなると、
薬をのみ続けるのに思わぬ
不都合が生じます。
一つひとつはささいなようでも、
毎日続くとなるとなかなか
やっかいなものです。
希望や疑問は医師に相談し、
薬とのつき合い方を改善して
いきましょう。

□まず医師に相談する
できることは改善策を探り、
できないことは納得するまで
説明を受けよう

(注射による治療もある)
薬によっては、注射で投薬できます。
薬ののみ忘れが多い人や、薬を
毎日のむことへの抵抗感が大きい
人に向いています。

★2〜4週間に一回注射する
2〜4週間に一度、医療機関で
薬を筋肉注射します。
のみ薬は一ヶ月に一回の割合で
すむ場合もあるため、注射薬の
場合、受信頻度が多くなることも。

★薬の成分が少しずつ血液中に
出ていく
デポ注射の溶液は油性のため、
すぐには血液と混じり合いません。
薬の成分が少しずつ、じわじわと
血液中の血液濃度が高く保たれる
のです。

★副作用を抑える薬はのみ薬
副作用を抑える薬はのみ薬だけ。
そのため、注射薬で副作用が
現れた場合、副作用を抑える
薬は服用する

デポ剤の種類
「一般名」           「商品名」
フルフェナジン      : フルデカシン
デカン酸ハロペリドール : ネオペリドール、ハロマンス


■生活への負担が少ないデポ注射
薬を毎日のむかわりに、約二〜四週間に
一回「デポ剤」を注射する「デポ注射」
という方法もあります。
デポ剤とは長期作用する薬で、
毎日の服薬から解放されるという
メリットがあります。
ただ、デポ注射では、眠気などの
副作用が起こったときに対処しにくい
という難点があります。
また、定期的に注射を受けることに
抵抗を感じる人もいます。

▼欧米でのデポ注射の取り組み
日本人は注射に対する抵抗感が
強いためか、デポ注射はまだ
普及していません。
しかし、欧米ではデポ注射を利用
しやすいようなしくみが整って
いて、たくさんの患者さんが利用
しています。
イギリスでは、地域のデイケア施設など、
医療機関以外でも注射が
受けられますし、保険師が家庭訪問
して注射する制度もあります。

・・・次回は、【薬とのつき合い方】をお送りします。

国立精神・神経センター精神保健研究所
             社会復帰相談部部長
 
            伊藤潤一郎 [監修]

                    講談社



※さつき談

私は真面目な患者ではありませんでした。
元来が「年中反抗期」な人でしたので、
「言うことを聞かない」人でした。
仕事などしてほしくないという主人を尻目に
ガンガン仕事をしました。
(一度決めたら梃子でも動かん!)
くらいの人でしたので。。
全ては病気克復のため!です。
「だって、自分で努力しろ、言ったでしょ」
たった「ひと言」でつき動く私でした。
そのために、薬はトイレで隠れて呑む
毎日。
呑めないといけないので、朝に
「朝、昼」両方呑んだり。
丁度そのころ、病院の先生にも
相談したら「自分で考えなさい」と
(これは担当医ではなくたまたま診て
もらった院長先生に言われ)
「その言い方が運悪くあまり良くない言い方で。」
重なってしまい、もう「決意!!」
がぜん、目の前は一直線に前進する
ことしか頭にありませんでした。
いま、この本読んだら、なんのために
薬を調合してもらってたか?
私にはあまり意味のないことでした・・・(−−;

「先生、ごめんなさい☆」

でも、意味はありました。
本も12年間下だけ向いて読んできた。
仕事も俄然してきた。
旅にも出た。

いまは、病院で同じ病気の友達に
アドバイスできます。

上ばかり見ていて、ふと立ち止まったとき
下を見つめた風景があまりにも新鮮な感覚で
おどろいた。

まるで、富士山に登るのに、下の景色など
振り返ったこともないような驚きだった。

「安心できる場所」がずっと欲しかった。

いま、まいちゃんや、まことちゃんや、
ケンさんたちと、お話をしていて
とてもホッとすることができる。。。☆

まいちゃんは、お母さんのくれた
ブレスレット二つのうち、ひとつを
私にくれました。

まことちゃんも、ケンさんも、
みんな、とっても優しい人たちなんです。

さつき


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。